ニット生地の専門店 うきうきニットです。
価格は1mの単価です。1m単位で販売しております。



■ニット生地について

・ニット生地のニット(KNIT)という言葉は、もともと英語で
 「編む」 という意味ですが、
 「編まれた製品」すなわちニット、グッズ(KNIT GOODS)の
 ことを略して、単にニットと言っている場合も多いようです。

・メリヤスという言葉は、わが国で16世紀ごろから用いられて
 いましたが、いまではすっかりニットという言葉に
 おきかえられました。 メリヤスはスペイン語の
 メディアス(MEDIAS)または、ポルトガル語の
 メイアス(MEIAS) がなまったものとされています。 
 これらの言葉は、いずれも靴下の意味をもっていますが、
 それは ニットが用いられはじめたころ、靴下がその主要
 商品であったことと関連しているようです。

・ニットはループ(編み目)のつながりによって作られるものです。
 織物が、たて糸とよこ糸の交差によって作られるのに対して、
 ニットは一方向の糸を用い、ループをつぎつぎにつなげて
 いって編地となっていきます。なお、ニットの生地が作られる
 手段としては次の三つのものがあります。

1. 編み棒を用いる完全手編みのもの
2. 手編み機(家庭編み機)によるもの
3. 工業機械によるもの
 なお「うきうきニット」で取り扱っているニット生地は、
 工業機械による丸編み機で作られたニット生地です。

...............................................................................................................................................

■ニット生地の種類

ニット生地、丸編(よこ編)の組織の種類を紹介します。
基本組織は、平編、ゴム編、パール編ですが、
ここから、多くの変化組織が作られています。
スムース編を入れて4原組織と言う事もあります。

・天竺
平編ともいい、シングル・ニードルの編み機で編まれた生地で、
性質上、耳まくれ(カール)し易いです。
また手編みでは、メリヤス編とも言われます。シングルで編まれていますので、斜行が
出やすいですが、近頃カジュアルウエアでは、この斜行が好まれることもあります。
また、わざとカールさせたTシャツもありました。
30/1の天竺、普通のTシャツから、20/2のシッカリした生地まで、有りまた、
ボーダーも作られています。
カットソーでは、一番使われている組織の生地です。

・フライス
ゴム編とも言い、横に良く伸びるので、裾や袖口に使われたり、また、
インナー肌着にも使われます。
伸びが有りますので、小さいサイズのTシャツなどのも使われます。
スパン(ゴム)を入れた生地をスパンフライスと言い、
針を抜いてテレコにした、変化組織もあります。

・スムース
インターロック編または、両面編とも言い、表裏同一で、生地表面が
なめらかで比較的安定性があります。
肌触りが良いので、ベビー、婦人カットソーに良く使われています。



.....................................................................................................................................................

■糸の太さについて


糸の太さ、番手とデニールついて

わが国では、綿糸は英式綿番手を用い、1ポンドで840ヤードあるものを1番手としています。 
また、1ポンドで840×2ヤードあれば2番手と呼称します。
すなわち、重さを一定にして長さの比例で番手を定めています。
この方式を恒重式といい、番手の数の多いほうが糸が細いことになります。

一方ポリエステル、ナイロンなどの長繊維は、糸の太さをデニールで表わし、
9000メートルで1グラムあるものを1デニールとしています。
また、9000メートルで2グラムあるものを2デニールと
しています。すなわち、長さを一定にして重さの比例でデニールを定めています。
この方式を恒長式といい、デニールの数が多い方が糸が太いことになります。

●綿糸/綿番手●太い 20/1→30/1→40/1→60/1 細い

● ポリエステルなど/デニール●細い 50d→75d→150d 太い 


Copyright ©うきうきニット All Rights Reserved.